価格も気になる

住宅

自由な設計によりこだわりの住まいを建てることができるデザイン住宅ですが、これまではその費用の高さが特徴だったものです。ここ最近の注文住宅において、建て売り分譲住宅の人気とハウスメーカーによるローコスト注文住宅の普及によって、デザイン住宅においても費用のローコスト化が見られるようになっています。建材などにおけるこだわりから、そのコスト削減へと趣きが変わったことを受けて、工務店でも費用の安さをアピールする傾向が見られるようになっています。もちろんその中でも、独自の特徴を出そうという姿勢が見られるものです。木の家にこだわったり、天然素材の利用に徹しているなどの個性が見られるようになってきているわけです。

デザイン住宅における変遷は、景気の影響を大きく受けていることを表しています。その外観から使用する材料に至るまで、選び抜いたデザイン住宅が多く見られたものですが、現在は比較的画一的なデザインやシンプルな内装のものが多く見られるようになっています。その中でも住みやすさを追求した工夫が見られるわけです。特に狭小地を上手く生かした住宅設計を得意とする工務店は多く、抑え目な費用の中でどれほど満足度を高めるかが追求されるようになっています。建て売り分譲住宅でも、間取りを選んだりすることが可能なものに人気があることから、デザイン住宅は差別化を図るための工夫を必要としているわけです。ローコスト住宅などでは得られない満足度を提供する工務店が増えているというわけです。